ayanpaci_50.gif

色もイロイロあるけれど(3) カラーと対比


屁持論:
おしあいへしあい、寄りあい、支えあい、攻めあい。
・・・それが愛


おいらもまだまだ勉強不足なんだが、色の対比によって様々な効果を狙う方法を考えてみるがな。

a012.gif

まず色の原則から話をすると、色には「光の三原色」「色の三原色」があって、「光の三原色」は俗に言う「RGB」と言われるもので、テレビやパソコンなど、光が表現する色のことだぎゃ。
デジカメで3CCDとかなんとか言っとるけど、それは被写体の色をRGBの三色を綺麗に記録する装置のことだがや。
スポットライトを思い浮かべるとええが、Red/Blue/Greenの光の強さ、重ねあう色の比率によって黒以外の全ての色が表現できるのだや。黒は光が一切ない状態をさす。全てを同等に混色すると白になるでよ。


色の三原色」は「CMYK」と言われるもので、印刷物や、実際にある物体に表現できる色のことだぎゃ。Cyan/Magenta/Yellowの色の濃さ、混ぜる色の比率によって白以外の大体の色が表現できるのだがや。白や金や銀、蛍光色などは特色と呼ばれる。白は一切色が無い状態。全色を混ぜると黒になるでよ。

おいらたちは物体に着いているCMYKの色を外の光によってRGB的に認識しているのだ。紙に書いた絵はCMYK。その絵をスキャナーで取り込んでパソコンで見たらRGBなのだ。

RGBはCMYKを表現できるが、CMYKはRGBを表現することができにゃー。だからパソコン画面ですごく綺麗な色彩を表現したとしても、プリントアウトすると、くすんだ感じになってまうんだがや。

HP作成はRGBの世界なのでCMYKは無視してもらってもかまわんけど、何か印刷物を作るならこの違いは知っておかなきゃあかんでよ。



a014.gif

さてこの基本を踏まえて、色の種類の話になるんだが、まず上の図をみてみてちょ!
この図は正確ではないんだがわかりやすいようにしてあるでよ。左図の12色相還は基本的は色の種類を表現してあって、色は循環しているっちゅうことがいいたいんだがね。そんでマンセル色還は12色相還に「明度」「彩度」を加えて表現してあるんだがね。

赤から黄緑を暖色、青緑から紺までを寒色、緑と紫は中間色と言って暖かいとも寒いとも感じられるんだわ。これに「明度」「彩度」を加えて感情や重さなんかも表現できるんだがや。
色相還の詳細は、http://www.toyoink.co.jp/prod_ga/cf1050mcr/munsell.html とかで調べてちょ!




a015.gif

ほんでやっと対比の話ができるんだが、色の組み合わせの方法は「明度対比」「彩度対比」「色相対比」という大きく三つに分けられる。コンセプトで打ち出した主体となる色に、別の同じ色・違う色を「明るい・暗い」「鮮やか・あせた」「異色」で対比させることで自分のイメージカラーを補う役目をさせることなんだわ。
この基本の三つの表現で得られる効果を説明するには勉強不足だと思うんだが、偏見で言わしてもらう。
「明度対比」:綺麗さ柔らかな感じに表現(弱)。
「彩度対比」:奥行きや明るいを表現(中)。
「色相対比」:派手さのある激しい画面を表現(強)。


明度と彩度の違いは目にくる強さのことであって、明度が高いとsweet、彩度が強いとcuteでなんかキラキラしてみえるというかなんというか、ごめんちゃい!うまく説明できにゃー!アイスクリームにクリーム系とシャーペット系があるみたいな…オロオロ…。

色相対比は別の色を合わせることによってインパクトのある効果を狙うもので、その組み合わせは無数にあるがや。おいらは大体において同系色で無難に過ごしているのが現状だがね。


a016.gif

もう一度12色相還をみてもらうとわかると思うが、赤の対角にある色は緑である。青の対角は黄色…というように対角の組み合わせを「補色・相対色」という。
色相の対比図をみてみるとわかると思うのだが、この組み合わせは一番インパクトを与えるが一番画面を浮いた感じや、くどくしてしまう危険性があるでよ。
同明度・同彩度で組み合わせる「相対色」はハレーション現象といって、互いの力が同等なためケンカし合い目がチカチカしてしまうでかん。こうなると確かに目立つかもしれんが目がとても疲れる。だから相対色を組み合わせる時の注意点は「主体以外の色の彩度や明度を下げる・仲介人となる色を間に挟む・面積比の差をつける」ということだがや。


a013.gif


色相の相性図を見てみてちょ!同明彩度でOKな組み合わせは12色相還図から、主体が赤なら精々左右に90度(黄・青)の位置までだがや。それ以上いくとくどいでかん。もし180度の組み合わせで同明彩度でやりたいなら、赤緑黄じゃ意味がない。赤黄緑と赤と緑の間の90度の位置にある黄色や青という仲介人を入れて取り持ってもらうのがよいがな。ケンカは仲介人がいるちゅうことだがね。これが「補色」の基本。
これもコンセプトっていう柱があるから主体の色があって、補色が存在できるんだけどね。
「なんか色が決まらない」「なんか色がバラバラな感じに見える」というのは「コンセプトがない」ということだがな。

色の指定に関しては、
http://tohoho.wakusei.ne.jp/wwwcolor.htm とか、
http://members.at.infoseek.co.jp/color_onion/ とかで調べてちょ!これは専門外だで。



なんかわからんことあったらコメントしてちょー! 
じゃあ、頑張ってちょー!バイちゃ!written by あやんぱ


Post Script : 
水と油の関係だって、おいしい料理を作るためには両方必要なもんだがや。
男尊女卑言うつもりはないけれど、亭主関白の家が一番良い関係を築けると思うんよ。主と補の関係がないと物事はうまくいかんでかん!力関係が対等な夫婦・カップルというのは存在せんと思うよ。今はかかあ天下の家庭が多いと思うけど、日本男児よ!侍となれ!

おいらは家庭では亭主関白。
でも、サイトの中ではかかあ天下で嫁さんの補佐にまわってる。
要は自分の立場をわきまえ、支えあうっちゅうこっちゃだがや。
世の中のカップルも、相性が合おうが合わまいが、一緒になったんなら、お互いに主となり補となり相手のいいところを引き出す努力が必要だぎゃ!一人で生きとるわけやないんだで。おいらも嫁と相性が合おうが合わまいが…。




Posted by ayanpa | 構成編 |2005年08月30日 | Comments [0] | Trackbacks [0]



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ayanpa.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/27

コメント




当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/8/1 ayanpaのデザインうんちく All Right Reserved.