ayanpaci_50.gif

表示図法(2) 図形作成 2


屁持論 :平面で表現できにゃーものは立体で表現できにゃー
 
前回の答え!




どうかも? 
図面というものを理解してくれたら、これから書いていくこともわかりやすいと思うがや。

さてさて、作図というものは、縦横斜め奥と考えなければならないことがいっぱいあってややこしくなりやすい。でも、この表現方法を身に付ければ画面に奥行きを出していくことが可能で、デザインにおいてはかなりの強力な武器になると思うんだがや。

でも、忘れてはならないのは、これらの技法は「平面を立体的に表現する」一つの方法だで、何がなんでもこの表現にしなければいけにゃーというものではにゃーということ。
下手に立体的にと技法を凝らすと、逆にくどい画面になってまって見難くなる恐れがあるなも。
だで、ロゴやパーツごとのデザインを立体的にするにしても、全体の画面のバランスを見ながら作成してった方がええなも。

この技法を知ることで考えて欲しいことは、文字を斜めにするにしても、大きくしたり小さくしたりするにしても、それを立体的に捉えて臨場感が出せるかどうか、ということ。

前々回では光の当り具合のみで立体表現をしてきたが、今回は作図法によって、平面のまま立体として表現できるようにすることだがや。
それは、四角を一つ、丸を一つ描くだけで、ある空間のある座標に位置するかのように見せれれば、これは空間の魔術師となれると思うんだがや。

おいらは工業デザインを勉強したでかもしれんが、こう考えてる。

「立体で表現できない形があったとしても、それは平面で表現できるが、平面で表現できない形だと立体でも表現できない」

文章の内容はさておき、画面全体を立体的に捉えることで、平面の表現はうんと可能性を秘めてくる。

さて、次のコラムへ続く前に、おさらいをしもらうがや。
今度は立体図を三面図に直してちょうだい!


では、バイちゃ! 
written by あやんぱ



Posted by ayanpa | 表示図法 |2005年09月23日 | Comments [0] | Trackbacks [0]



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ayanpa.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/86

コメント



当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/8/1 ayanpaのデザインうんちく All Right Reserved.