ayanpaci_50.gif

空間の魔術師(3) 長方形の黄金比

屁持論: 
トンネルをぬけると、そこは黄金比だった

今回は、「02 ) 空間の魔術師その1」で話した黄金比の補足事項として、二つの長方形の理屈をこねるがや。
ややこしいかもしれんが、ここは、「♪奇妙奇天烈摩訶不思議~♪ 奇想天外四捨五入~♪出~前迅速落書無用~♪」の世界だで、「♪ホンワカパッパ~」で読んだってちょ!
(ドラ○もんより抜粋)。

さて、本題。
大きさは、デザインにとって必要不可欠な問題だがや。

101.gif


◆1つ目の理論:
ピラミッドやパルテノン神殿の、基台の長さと高さの比率は1対1.618。
これを黄金比といい、もっとも安定して美しくみえるらしい。
A点とB点を繋ぐ線上に中点Cを置いたとき、AC:CB=CB:ABとなるように計算すると、AC:CB=1:1.6180339…となるそうな。
名刺や国旗など美しく見せたいものは縦橫をこの比率に合わせてある(十字架はどうなんだろう?持ってる人は調べてみてちょ!)。

でも、はがきとかは1:1.5で下記の理論との中間、テレビやモニターは4:3、ワイドは16:9、本は1.4:1。まあ、普段から知らず知らずに黄金比に近い形とお付き合いしとるということだがや。


◆2つ目の理論:
紙には、A版(A4やA3など)とB版(B4やB5など)サイズがあるけど、A判はドイツの物理学者が、長辺を真ん中で折って半分にしても縦橫が、折る前と変わらない比率(ルート2対1)の長方形を発見して、面積が1平方メートルの紙を「A0サイズ(841ミリ:1189ミリ)」と定めたもんだがや。
普段使ってるA4サイズはA0を4回長辺を折ったサイズ(1/16)ということだがね。

そんで、A4をA3に拡大コピーするときは「141%(ルート2)」になるんだがや(A3をA4に縮小は70%)。
B判は日本の障子紙が基準になっとって(B0は1030ミリ:1456ミリ、1.5平方メートル)A判より面積が1.5倍でかくて、4つ切りとか8つ切りとかあって日本人にはなじみ深い(今は違う?)。

約8:5(1.618対1)の比率がもっとも安定して見えて、約10対7(1.414対1)の比率が分割しても比率がくずれない理想的な形のだ。ややこしや~~!
要は美しい画面の縦横比は1:1.4~1.6にすれば間違いにゃー!っちゅうこっちゃ。

112.gif

また、橫構図は臨場感をだすために、縦構図は目線を誘導し、視界のポイントの幅に合わせるように、真四角は目線が止まるから動きはなくなるけど凝視させるのに向いとるがね。

絵画のキャンパスでは,

F型(Figure)の人物、
P型(Paysage)の風景、
M型(Marine)の海景、
S型(Square)の正方形

と、色々な種類があって使い分けしとるんよ。


さて、このまま続けて、次のページ「ピクセル」についてへGO!GO!




Posted by ayanpa | 構成編 |2005年09月16日 | Comments [0] | Trackbacks [0]



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ayanpa.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/35

コメント




当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/8/1 ayanpaのデザインうんちく All Right Reserved.