ayanpaci_50.gif

3. 「空白」を「余白」とさせないコツ

構成編 > 空白と余白 > 3. 「空白」を「余白」とさせないコツ 】

3. 隙間があればとにかくそこに詰め込んで、他の人が見て、どこに何があるかわからにゃーようではあかん。
部屋の幅にきっちりと隙間なく家具を並べる人もいると思うが「逃げ」のない空間は、ぎゅうぎゅうしてまってせまくるしく感じてまうでかんて。

でも、タンスや棚の中は詰まっている方がええがね。「本の少ない図書館」状態ではかんでよ。
中身は詰める、外身は空けるというメリハリが、「空白」を「余白」とさせないコツだがね。


   ⇒ 次ページ: 4.読みづらく、疲れる画面とは に進む




Posted by ayanpa | 空白と余白 |2005年09月17日 | Comments [0] | Trackbacks [0]



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ayanpa.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/41

コメント




当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/8/1 ayanpaのデザインうんちく All Right Reserved.