ayanpaci_50.gif

4. 読みづらく、疲れる画面とは

構成編 > 空白と余白 > 4. 読みづらく、疲れる画面とは 】

4. どんな感じで空白を空けていけばいいのかは、「目の動きと頭の動き」を基準に、理論立ててみるがや。
まず、人間は画面を凝視するとき、必ず真正面で見ようとするがや。
そのため、高さがあったり、幅が広い画面を見るときは頭を動かすことになる。

頭を動かすということは、結局目にも首にも負担をかけてしまうから、「読みづらい、疲れる」画面だということだがや。


   ⇒ 次ページ: 5. 人間の視界は黄金率であるへ進む



Posted by ayanpa | 空白と余白 |2005年09月17日 | Comments [0] | Trackbacks [0]



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ayanpa.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/42

コメント




当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/8/1 ayanpaのデザインうんちく All Right Reserved.